前へ
次へ

イギリス留学を果たし東南アジアで働きたい

イギリス留学をして将来自分は身をさせようと考える若い人たちが増えてきています。 どうして今イギリス英語なのでしょうか。それには深い訳がありました。東南アジアのビジネスが大きく関係しています。日本は失われた20年に象徴されるように、この20年間の経済成長が止まっています。ところが日本の近くの東南アジア諸国では毎年比較的高い経済成長率が達成されています。これは人口構成の違いが大きく影響していると思います。日本は少子高齢化で若い世代が全く増えませんので、現場で働く若い人たちの数が減少してきています。これでは日本の経済が回復するわけがありません。東南アジア諸国は日本よりも若いです。特にインドネシアは国民の平均年齢が若く有望株です。これらの東南アジア諸国で働くためにはしっかりとした英語力を身につけておかなければなりません。どうしたら短期間でしっかりとした英語力を身につけることができるのでしょうか。それはイギリス留学に限ります。イギリス留学といってもその内容は千差万別です。イギリス留学で一番レベルが高いのはロンドン留学ではないでしょうか。それにはかの有名なオックスフォード大学とケンブリッジ大学への留学が含まれます。そのような大学に合格するのは、普通の能力の私たちでは無理です。イギリス留学で私たちに可能性として残されているのは、ロンドン市街から外れた田舎の大学です。イギリス留学では別の選択肢もあります。大学だけが留学先ではありません。イギリスにはたくさんの語学学校があります。 語学学校といってもそこで学習されているのはイギリス英語です。ですからイギリス留学を目指すのであれば、その一番簡単な方法が、イギリスの語学学校を目指すという方法です。三年か四年の間、イギリスの語学学校で真剣に勉強すれば、必ず道は開けます。東南アジアのビジネスで使えるような英語を身につけることができます。まずはイギリス留学をしなければなりません。

Page Top