前へ
次へ

イギリス留学を行う際のデメリット

イギリス留学には、メリットだけでなくデメリットもあります。イギリス留学のデメリットとして 、まず軽犯罪が非常に多いことがあげられます。 日本という国と対比させるとスリなどが相当多く、イギリス留学した場合人込みはとにかく気をつける必要があります。警戒心のそれほど高くない日本人は対象になりやすいので、自分の身は気にする必要はないという感性は捨て去りましょう。バイクを利用することによって横を通って、バッグをとってしまうひったくり犯罪も少なくありません。路上近場を歩くケースでのバッグの持ち方などにはしっかりと気配りをしましょう。 また、イギリス留学での気象状況が良くない点があります。 雲ひとつない空より曇りか雨の日が大半を占めます。にわか雨はかなりありますので折り畳みの傘はいかなる時も持参した方が望ましいです。また、大学進学が非常に難しく、受講費用もとても高い面があります。 名門大学が非常に多いだけ入学のハードルはかなり高いです。その上イギリスにおいては進学前にファウンデーションコースと呼ばれる外国の方たち用の進学のための準備コースに通学することが求められ、英語力があまりない場合は加えて語学学校にも通学する必要性があります。したがって、卒業まで時間を見ておかないといけません。さらに、外国の方達は現地のイギリス人と対比させますと授業料に関しても高く、学校を出るまでは相当高価な学費を支払うことになる覚悟がなくてはなりません。さらにイギリス留学は生活費が高いというデメリットがあります。 住居の家賃や物価はそれ以外の英語圏と比較すると高く、目途としてはシェア生活をすることになっても全部ひっくるめた生活するコストは月ごとに150000円くらいです。食事に関しては可能な限り外食を控え、暮らすところも郊外あるいは二人部屋のシェアハウスを見つけ出せば、生活する費用は多かれ少なかれ抑制することができます。しかしイギリス留学は費用が掛かることは意識しましょう。さらにロンドン留学であればかなりの出費になります。

Page Top